フェリックの技術

農業用鮮度保持剤技術

フェリックでは農業用カルシウム剤(紛体と液体の充填加工が可能です)および鮮度保持に関わる製品の製造及び開発を行っております。
フェリック群馬事業所には下記に紹介する製造設備を保有しており、紛体などのブレンドから、各種小分け充填など様々な加工に対応できます。
また、各種包装資材のノウハウもございますので、用途に応じた内容物の設計から包装材の設計含めて総合的にご提案できます。


粘ブレンド加工

主にカルシウム肥料などのブレンド加工を行っております。
ブレンドバッチは500㎏位までとなります。


小分け充填設備(1~5㎏程度の小分け)

主にカルシウム肥料などの小分け充填を行っております。
液体物も取扱いが簡単なものであれば対応可能です。


製袋・充填設備(10~100g程度の製袋~充填)

鮮度保持剤のパックや土嚢用のパック、弊社販売商品の「ホットイート1」(加熱剤パック)などの製袋充填を行っております。製品仕様に応じて設備を使い分けております。


今後の課題と方針

多様な青果物、野菜などの輸送に対して適切な鮮度保持技術の提案を行っていきたいと考えております。
特に海外輸送など長期間の輸送に対してより適した鮮度保持技術の検討を進めております。


どんな提案ができるのか?

原料の設計・ブレンドから包装材の設計までご提案可能です。また各種試作にも対応できますので、お気軽にご相談ください。
また、各種鮮度保持技術のご提案も可能ですので、青果物、野菜の種類、必要な条件に応じた鮮度保持資材の提案もさせていただきます。